育毛剤でハゲ予防と対策

育毛剤でハゲ予防と対策

人にはなかなか言えないハゲ・薄毛の悩みを育毛剤を使って予防と対策をしましょう。

最近増加傾向にあるハゲや薄毛

実はみんな悩んでいる薄毛やハゲ


薄毛やハゲって大きな声では絶対言えない悩みですよね。
だけど、最近では若者や女性でも密かにそんな悩みを抱えている方が増えています。

「薄毛」なんてデリケートな悩みは、1分・1秒でも早く解決したいですよね。

薄毛を予防したり、発毛させるためにする対策はまず、「育毛剤」を使ってみる事ですよね。
その育毛剤、目に見える効果を少しでも早く実感したいのなら、自分の薄毛のタイプをきちんと理解していなくてはなりません。
自分の頭皮の状態や、薄毛のタイプがどれに当てはまるかなんて、自分で正確に判断するのは不可能ですよね。
ほとんどの方が「たぶん、これだろう」って自己判断して育毛剤や育毛シャンプーを選んでいるのではないでしょうか?
高価な育毛剤や育毛シャンプー…本来の力を発揮させるためにも、自己判断ではなくプロの技術によって自分のタイプを正確に知ることが一番の近道です。



まず第一に、専門サロンで自分の頭皮の状態と薄毛のタイプを正確に把握しましょう。

「バイオテック」なら頭皮チェックと併せて、抜け毛の防止ケアを無料で体験できます。
「専門サロン」なんて聞くとちょっと構えてしまいそうですが、バイオテックなら明るく清潔なサロンで、カウンセラーもとても感じがよく強引な勧誘もないと口コミで評判なので安心です。

何より「無料」なのですから頭皮チェックをしてもらって、プロの技術で頭皮をクレンジングしてもらえば、育毛剤を使った時も効果抜群です。

ハゲにも種類がある


髪の毛の悩みを抱える方はたくさんいらっしゃいますが、その薄毛やハゲにも種類があります。
一般的にハゲや薄毛が同じだと勘違いされている方が多いかと思われますが、実はこんなに種類があります。


脂漏性脱毛

脂性のフケが毛穴を詰まらせ、髪の毛が生えてくる道をふさぎ、頭皮の状態が悪くなって炎症を起こす。
頭皮が赤く変色し、痒くなります。そこから脱毛に移行する。

ひこう性脱毛症

清潔感を過度にこだわるあまり、洗浄力の強いシャンプーを必要以上に使うことで起こることが多い症状。
乾燥したフケが大量発生することで、毛根を塞ぎかぶれをともなった炎症を引き起こす。

ハゲにも種類がある

若年性脱毛

成長期にある毛根細胞が正常に働かず、髪が寿命を全うする前に抜け落ちてしまう。
脱毛とともに髪が細くなり、頭部が薄く見え始めてきます。

円形脱毛症

ある日突然、円形や楕円形など部分的に脱毛が生じる。
自律神経異常説、末梢神経不全説、自己免疫説などの原因が考えられる。

瀰漫(びまん)性脱毛症

休止期毛の割合が多くなり、頭髪全体の髪がまばらに薄くなってきます。頭皮や毛根部の細胞の老化。
加齢による血行不良やホルモンの影響が抜け毛の割合を増やしていきます。
また最近では20〜30代の女性にも見受けられます。ダイエットによる栄養不足や、社会進出による男性同様の
精神的・肉体的な負担の増加など、いくつかの要因がありそうです。


まずは自分のハゲ(薄毛)の種類を把握して、自分に合った育毛剤を探して正しいケアを始めましょう。

Copyright 育毛剤でハゲ予防と対策 All Rights Reserved.